書評『生命を守るしくみ オートファジー 老化、寿命、病気を左右する精巧なメカニズム』

徳島大学附属図書館のブログに寄稿しました。おすすめの本をご紹介します。


 

書名:『生命を守るしくみ オートファジー 老化、寿命、病気を左右する精巧なメカニズム』  
著者:吉森 保
出版社:講談社

 

オートファジーは2016年に大隅良典先生がノーベル生理学・医学賞を受賞することにより世に知られるようになった。実は大学院時代に、恩師である故市原明先生が肝細胞におけるオートファジーを話題にしていたのを記憶している。ところが、研究は長らく進展しなかった。その研究を切り開いたのが酵母を用いた大隅先生で、その結果を著者らが哺乳類に展開したことにより大きく発展した。

本書では、オートファジーの生命における重要な役割として、疾患や老化との関わりについて分かりやすく解説するとともに、細胞生物学・分子生物学を中心とした研究の経緯が描かれており理解しやすい。このうち選択的オートファジーの機構解明やブレーキ役であるルビコンの発見・機能解析には感心させられる。

「研究の良し悪しは、役に立つか立たないかでなく、ワクワクするかどうかで決まる」という。肝に銘じたい。

3月11日より、徳島大学附属図書館蔵本分館1階ホールのおすすめコーナーに展示されています(学外者も利用できます)。ぜひ手に取ってご覧ください。

関連記事

  1. 書評『ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 さいごはおうちで!…

  2. 書評『善医の罪』 (久坂部 羊/文藝春秋)

  3. 書評『新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正…

  4. 書名:『奏鳴曲  北里と鷗外』

  5. 書評『沙林 偽りの王国』

  6. 書名:『ミチクサ先生 上・下』

基本情報

ksc_logo

 

 加茂 健やかクリニック



 〒770-0003

 徳島県徳島市北田宮4丁目6番62号

 (加茂公民館のとなり)


 ◆診療時間

 午前 9:00 − 12:30
 
 午後 14:00 − 18:00

 
 ◆休診日
 
 木曜日・日曜日・祝日
 
 
 ◆電話番号
 
 088-632-0358


PAGE TOP