書評『ぼくとがんの7年』

徳島大学附属図書館のブログに寄稿しました。おすすめの本をご紹介します。


 

書名:『ぼくとがんの7年』  
著者:松永正訓
出版社:医学書院

 

20年間膀胱がんを患っている知人はあっけらかんと「がん」の状況を話題にする。しかし、心の内では「がん」への悩み、苦しみを有しているはずだ。本書は「発達障害に生まれて」や「運命の子 トリソミー」の著者である松永正訓医師が、膀胱がんに対峙してきた生々しい闘病記である。

小児がんに取り組んできた医者であっても当事者になると理性的な判断が下せないことを実感するとともに、患者の精神的ケアをしてくれる医療者が病院に不在であることを感じたという。また、スピリチュアルペインに苦しんでいる患者には傾聴が必要だが、医療者が行う傾聴とは単に聞くだけではなく患者・家族から言葉を引き出すべきだという。

本書は、まさにがん患者である医師の心中をさらけ出したものであり、特に医療関係者にオススメする。

3月1日より、徳島大学附属図書館蔵本分館1階ホールのおすすめコーナーに展示されています(学外者も利用できます)。ぜひ手に取ってご覧ください。

関連記事

  1. 書評『寿命遺伝子 なぜ老いるのか 何が長寿を導くのか』

  2. 書評『新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正…

  3. 書名:『ミチクサ先生 上・下』

  4. 書評『善医の罪』 (久坂部 羊/文藝春秋)

  5. 書評『SWITCH(スイッチ)オートファジーで手に入れる究極…

  6. 書評『起業の天才!』

基本情報

ksc_logo

 

 加茂 健やかクリニック



 〒770-0003

 徳島県徳島市北田宮4丁目6番62号

 (加茂公民館のとなり)


 ◆診療時間

 午前 9:00 − 12:30
 
 午後 14:00 − 18:00

 
 ◆休診日
 
 木曜日・日曜日・祝日
 
 
 ◆電話番号
 
 088-632-0358


PAGE TOP