書評『寿命遺伝子 なぜ老いるのか 何が長寿を導くのか』

徳島大学附属図書館のブログに寄稿しました。おすすめの本をご紹介します。


 
 
 

書名:『寿命遺伝子 なぜ老いるのか 何が長寿を導くのか』 
著者:森 望
出版社:講談社


 

摂取カロリーを減らせば寿命が長くなる。そのメカニズムにサーチュイン遺伝子が関与し、赤ワインに含まれるレスベラトロールが注目を浴びた。本書では線虫、酵母、ショウジョウバエ、マウス、ヒトをモデルとして得られた12種類の寿命遺伝子の発見の経緯が詳しくまとめられ、その遺伝子間の連携も図12-1にわかりやすく示されている。

また「実験者と研究者と科学者」の記述は的を射ており同感できる。さらに、互いに競い合った寿命遺伝子ハンターたちの素顔が巻末に描かれているのも参考になる。本書により寿命遺伝子研究がまるわかりとなること請け合いだ。

 


4月22日より、徳島大学附属図書館蔵本分館1階ホールのおすすめコーナーに展示されています(学外者も利用できます)。ぜひ手に取ってご覧ください。  

関連記事

  1. 書評『沙林 偽りの王国』

  2. 書評『アルツハイマー征報』

  3. 書評『起業の天才!』

  4. 書評『SWITCH(スイッチ)オートファジーで手に入れる究極…

  5. 書評『善医の罪』 (久坂部 羊/文藝春秋)

  6. 書評『新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正…

基本情報

ksc_logo

 

 加茂 健やかクリニック



 〒770-0003

 徳島県徳島市北田宮4丁目6番62号

 (加茂公民館のとなり)


 ◆診療時間

 午前 9:00 − 12:30
 
 午後 14:00 − 18:00

 
 ◆休診日
 
 木曜日・日曜日・祝日
 
 
 ◆電話番号
 
 088-632-0358


PAGE TOP