書名:『完全版 自律神経が整う 肩甲骨はがし』

徳島大学附属図書館のブログに寄稿しました。おすすめの本をご紹介します。

徳島大学附属図書館のブログに寄稿しました。おすすめの本をご紹介します。

書名:『完全版 自律神経が整う 肩甲骨はがし』 

著者:遠藤 健司

出版社:幻冬舎

肩こりは頭痛、めまいなどにつながるポピュラーな症状である。

かつて父親から肩叩きを度々頼まれた思い出があるが、肩の筋肉を強く叩いても一時的に痛みが和らぐだけで、むしろ肩こりは重症化するのだそうだ。

肩甲骨を吊り下げている僧帽筋のこわばりが肩こりの主犯だ。このため、肩甲骨をゆっくり大きく動かし、肩甲骨周辺の筋膜の癒着を剥がすことが肩こり防止につながる。

「肩甲骨はがし」は、肩こりのみならず、自律神経の乱れ・二重顎・下がり鎖骨・ねこ背などの防止にも有効とのこと。気になる方は取り組んでみては!

11月29日より、徳島大学附属図書館蔵本分館1階ホールのMy Recommendationsコーナーに展示されています(学外者も利用できます)。

ぜひ手に取ってご覧ください。

関連記事

  1. 書評『長生きしたい人は歯周病を治しなさい』

  2. 書評『家で死ぬということ ひとり暮らしの親を看取るまで』

  3. 書評『ぼくとがんの7年』

  4. 書名:『ミチクサ先生 上・下』

  5. 書評『新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正…

  6. 書評『アルツハイマー征報』

基本情報

ksc_logo

 

 加茂 健やかクリニック



 〒770-0003

 徳島県徳島市北田宮4丁目6番62号

 (加茂公民館のとなり)


 ◆診療時間

 午前 9:00 − 12:30
 
 午後 14:00 − 18:00

 
 ◆休診日
 
 木曜日・日曜日・祝日
 
 
 ◆電話番号
 
 088-632-0358


PAGE TOP